他人が分かり!自分が分かれば人生は今よりももっと楽しくなります!愛知県で個性心理學を学ぶならISD名古屋におまかせ下さい

リズムとは

リズムについて

ISD個性心理學では、個性以外にも、人生の『リズム(運気)』が解かります。自分の運気が上向きなのか?下向きなのか?今日、来月、来年の傾向や兆候を大まかにつかむことができます。よって、リズムを把握することで、危険性を最小限に抑え、飛躍性は最大限に引き出すことも可能となります。


発芽期

活動
体調もよくなり、気力も充実しているトキです。大地にまいた種がいっせいに芽を出し、新芽の緑が目にまぶしいといったイメージです。

浪費
なんとなく体調も優れず、気力も衰えやすいトキ。開墾期に広大な大地を耕した後だけにホッと気が抜けたような感じのイメージです。


成長期

調整
精神的にも安定しており、心に余裕があるので将来への見通しも明るいトキです。煩わしい人間関係から解放されます。

焦燥
今まで自分を縛りつけていた環境から力づくで脱皮し、大胆に行動することで成功の可能性があるトキです。人間関係トラブルに要注意のトキ。


開花期

投資
自分から積極的に働きかけて物事が成就するトキです。この新しい出会いが今後のあなたに大きくかかわってきます。金銭の出入りも激しいトキです。

成果
全ての物事が順調に発展するトキです。今までの成果が結集し、質が高まるトキ。普段の2倍も3倍もがんばるトキ。


収穫期

転換
とにかく動きの激しいトキで、新しいことに取り組むトキです。収穫期を迎え、気持ちは既に次の作物や今後どう生きるのかといったイメージです。

完結
何事においても、正確で正しく清い判断ができるトキです。豊作で沢山の収穫物に囲まれて人々も自然に集まってくるような、そんなイメージです。


開墾期

整理
物事の判断基準があいまいになり、気分的にもスッキリしないトキです。何から手をつけたらよいのか迷っているようなイメージです。

学習
今までスッキリしなかった頭が霧が晴れたように明晰になり、心身ともに明るいトキです。これまでの反省を大いに生かし次のステップを研究するトキ。


リズムのサイクル

リズムのサイクルは、「正行運」と「逆行運」の2通りあります。

サイクルの図

リズムのサイクルは、大運・年・月・日・時間の5種類のリズムが複雑に絡み合うため、好不調を簡単に説明することはできませんが、規則的に変化していきますので、人生のタイムマネージメントとして活用できます。

大運
・・・年間の方向性を算出します。

年のリズム
・・・ 1年間の流れでテーマに合わせた目標を立てていきます。

月のリズム
・・・ 今月何をするのかを計画。

日のリズム
・・・ 行動を起こす際の注意点や指針。

大運・年のリズム・月のリズム・日のリズムによって現象が違い、そのかけあわせによっても内容が異なってきます。 [#icae4e07]

a:2026 t:14 y:15

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

SSLのセキュリティ保護